toggle
お知らせ

きつねの嫁入り

さくら市の旧町である「喜連川町」。

「喜連川」という名前の起こりは、むかしから町内を流れる荒川の近くにキツネが多く住んでいて、そこから「狐川」と呼んだことが始まりだといわれていました。

そんな荒川に面した山すそは、どうゆう訳か、春と秋の陽気の良い夕暮れの頃に、松田から鷲宿山谷にかけて赤い火が点々と灯ります。

ついては消え、消えてはつく様子は、とてもきれいな幻の世界だったそうです。

この不思議な光景を、人々は「キツネの嫁入り」だと言っていました。

そんな言い伝えから、市民が中心となって「きつねの嫁入り」が開催されました。

2016102319ok 2016102314ok 2016102383ok 2016102375ok 2016102367ok 2016102320ok

2016-10-24 | お知らせ

さくら市で暮らそう ハッピーライフセミナー&移住相談会

11月12日(土)13時から、有楽町にあるふるさと回帰支援センターにて、栃木県さくら市の移住セミナー&相談会を開催します。

 

当日は、市の紹介に加えて、実際にさくら市に移住された方々の生の声をゲストトーク形式でお伝えします。

 

個別相談会の時間もありますので、さくら市のことを詳しく知りたい方はこの機会にぜひお越しください。

 

もちろん、さくら市のことを『ちょっと知ってみたい』という方も大歓迎です。

 

みなさまのお越しをお待ちしています。

 

チラシ表 チラシ裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラシのPDF版はこちらからダウンロードしてください。

さくら市移住セミナーチラシ

2016-07-01 | お知らせ

住みよさランキングで栃木県内第1位になりました。

株式会社東洋経済新報社では、全国の市区を対象に「住みよさランキング」を毎年公表しています。

 

このたび、2016年6月20日現在の813都市(全国790市と東京23区)を対象にした最新結果が発表になり、そこで、なんと、さくら市は栃木県で第1位に選ばれました!     ※2017年、2018年は県内2位

 

ちなみに、全国では85位、関東では14位にランキングされています。

 

これからも、さらに上位にランキングされるようがんばります!

 

住みよさランキングとは・・・東洋経済新報社が公的統計をもとに、現状の各市区が持つ“都市力”を「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つの観点に分類し、15の統計指標を用い、それぞれの平均値を50とする偏差値を算出、その単純平均を総合評価としてランキングしたもの。

きつれがわポピーまつり2016

平成28年5月28日(土)から29日(日)にかけて開催された、きつれがわポピー祭の様子です。

20160529喜連川ポピー祭037ok

20160529喜連川ポピー祭059ok

20160529喜連川ポピー祭068ok

鬼怒川の鮎釣り

市内を流れる清流「鬼怒川」での鮎釣りの様子です。

例年、6月上旬に漁が解禁となり、7月から8月にかけて多くの愛好家の方々でにぎわいます。

20160611氏家鬼怒川アユ釣055ok

20160611氏家鬼怒川アユ釣046ok

20160611氏家鬼怒川アユ釣004ok

20160611氏家鬼怒川アユ釣061ok

20160611氏家鬼怒川アユ釣028ok

20160611氏家鬼怒川アユ釣038ok

20160611氏家鬼怒川アユ釣041ok

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-

4月上旬頃のさくら市ミュージアムの様子です。

「ミュージアム正面広場」と「勝山慰霊塔」付近

20160406museum1

 

20160406museum2

 

20160406museum3

 

20160406museum4

2016-03-28 | お知らせ

サイトオープンのお知らせ

さくら市では、さくら市への移住・定住を促進するためWebサイト「栃木県さくら市暮らしガイド さくら市で暮らそう」をオープンしました。

サイトURL http://sakura-ijyu.jp/

この「さくら市で暮らそう」では、さくら市の魅力を発信していきます。

また、併せて「さくら市で暮らそうfacebook」も同時にオープンしましたので、こちらもぜひご活用ください。

さくら市で暮らそうfacebookはこちら

1 2